12時間前に投稿
Appleに入って一番感動した事として、嫁が入院したときに、2日間だけ休みを取りたいと上司のJonathan Iveに話したら、「仕事のために働いているんじゃない。家族のためにみんな働いている。だから1週間休め」と言われた事に感動したと話してました。
13時間前に投稿
昔、石炭問屋だった婆さんが「これは百編言われるから覚えなくていい話だけど、商人は商人からしか値切らないんだよ。もし職人から値切る商人がいたら、それはペテン師だから追い返しな。職人は仕事を割り引いてやるわけにゃいかないからね。お前が職人になれたら、百編は言われる話だけどね」と。
1日前に投稿

lobomotiv:

archiemcphee:

As part of a tour put on by an organization called The Mystical Arts of Tibet, a group of Tibetan Buddhist monks from the Drepung Loseling Monastery in India recently visited the Crow Collection of Asian Art in Dallas, Texas. They were there for a weeklong residency during which they constructed this magnificent Tantric Buddhist mandala sandpainting.

The monks will spend up to eight hours a day working together on one of their sandpaintings. The process starts with an opening ceremony and the consecration of work site.

Each work begins as a drawing, the outline of the mandala. Then, colored sand is poured from traditional metal funnels called chak-purs. Each monk holds a chak-pur in one hand, while running a metal rod on its grated surface; the vibration causes the sands to flow like liquid.

Once the sandpainting has been completed it is ceremoniously destroyed using a ritual vajra.

"The sands are swept up and placed in an urn; to fulfill the function of healing, half is distributed to the audience at the closing ceremony, while the remainder is carried to a nearby body of water, where it is deposited. The waters then carry the healing blessing to the ocean, and from there it spreads throughout the world for planetary healing."

Click here to learn more about The Mystical Arts of Tibet

[via My Modern Metropolis]

Hapci

1日前に投稿

ronnieboehm:

Last november I did something I never thought anyone would ever convince me to. I did a three day 1 on 1 workshop for a very persistant australian photographer. This is one of her results she just finished, beautiful Reina Sawai of Vienna State Ballet by Liz Riley.

The whole thing was pretty intensive and consisted of a portfolio review, watching a ballet from the wings, going out with the dancers, shooting two demi soloists of Vienna State Ballet in the studio under my guidance, experiencing a live performance of four ballerinas from SND for an art project of my friend Casanova Sorolla, post production and many hours of Q&A. Turned out to be a great experience for everyone involved!

1日前に投稿
「フォースを使え、ルーク」
「git push —force」
「やめろルーク」
1日前に投稿
643 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/04/19(土) 23:47:05.16 ID:YiwiuJdN
10年ほど前のこと。
当時全寮制の学校にいて、外出許可でバイトに行って20時頃に帰寮のために夜道を自転車で走っていた。
寮は少し丘の住宅街にあって、登りを必死にこいでいたら突然横から人が出て来て自転車を蹴られて倒れた。
スピードは遅かったけど結構な衝撃で動けずにいたらがばっ!とのしかかられて押さえ込まれた。
痴漢だ!ってすぐわかったけど全然声がでなくて、助けを呼ぶ声じゃなく抵抗の声しか出せずやだ、やめて、いやだしか言えず…
ハアハアされてそうこうしてたらあっという間に離れてポツンと置き去りにされた。
しばらく呆然としていたけどあまりのショックと体の痛み、ジーンズのアレと思われる汚れにも気づいてそのまま泣き出してしまった。
腰が抜けて立ち上がれなかったのもある…

そしたら、少し離れたところから犬をつれた老夫婦が駆け寄って来てどうしたの!?と声をかけてくれ、痴漢…自転車倒されて…とボロボロ泣きながら説明を。
するとおじいさんが奥さんに「そこの家に電話借りて通報しろ!君は待ってろ!心配ない!」といって「○○号!行くぞ!」と走り出した。


644 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/04/19(土) 23:48:22.61 ID:YiwiuJdN
しばらくして救急車が来て、パトカーも来てくれ、寮の先生も来てとりあえず病院に…と移動することに。
おじいさんの奥さんもついてきてくれた。
傷の治療を受け、衣服も証拠として提出、先生の奥さんが着替えのスウェットを持って来てくれて婦警さんに事情聴取を受けて…
すると別の婦警さんがきて、被疑者確保との連絡。
まだ犯人の特徴も黒い服…とかくらいしか言えてなかったのに。

そしたら、おじいさんの奥さんがひょこっと顔を出して「心配ないよ。おじいさんと○○が見つけたんだよ。」と。

あの犬は大きなシェパードで賢そうだったけど、まさに嘱託の警察犬で、おじいさんも退役警察官だったそう。
隠れてタバコを吸う学生が恐れる犬をつれた「タバコ狩りのじーさん」でそちらの輩には有名なおじいさんらしかった。

そのときはもう襲われたショックでガタガタだったけど、すぐ犯人が捕まったことや生来の竹割の性格で早々に立ち直れて、本当にあの夫婦と犬君のおかげで病まずに済んだ。

先日、おじいさんが亡くなったとの知らせを受けお線香を上げにうかがって改めて感謝を伝えさせてもらった。
奥さんとあの時のことを話し、あの時は惚れ直したわよ~、いや!私も惚れそうでした!と笑い合い、ずっと寄り添ってくれてその後も心の傷にならないようにと声をかけ続けてくれた奥さんにも深く感謝。
私にとってのヒーローな夫婦と犬君の話。
1日前に投稿

y-u:

the-geek-think:

Well, Internet means cats. He knows what do to - turn it off and on again of course ! ;)

fully supported meow tech!

1日前に投稿
2日前に投稿

cybergata:

© LYCS architecture  Cat Table designed to keep your cat off you keyboard.  Via TreeHugger

3日前に投稿

公教育は、ビジネスではありません。


公教育の現場では、様々な家庭、様々な個性。


「等しく」教育を受ける権利の現場が、公立小中学校です。


塾の講師が、教師に勉強法を「教える」など、本末転倒です。